脇の黒ずみ 重曹パック

顔の黒ずみ対策として、前に私は重曹を使用したことがあります。もしかすると脇の黒ずみにも効果があるのでは?という好奇心から、脇にも重曹を試してみました。

そもそも、重曹とは何かご存知でしょうか?

重曹はスーパーなどの食品売り場に並んでいます。

重曹

調理においては、パンを膨らませるために使われることが多いですね。

食用として使うくらいですから、肌にも安心して使用することが出来ます。

重曹が黒ずみに効く!?驚きの3つの効果とは

重曹が黒ずみに効く!?驚きの3つの効果とは

重曹が脇の黒ずみに効果があるかもしれないと感じたのには、根拠があります。

それでは、重曹が持つ3つの効果というものをご紹介します。

1.油分を乳化させる

重曹には油分を乳化させる効果があります。脇は汗をかきやすく、古い皮脂がこびりついてしまうパーツです。

そのため、普段使っているボディソープでは十分に汚れが落ちていない可能性が極めて高いのです。

そのまま放置していると皮脂で肌表面が黒ずんでしまいます。そのため、脇の黒ずみを防ぐためには、油分を落とすことが重要です。

重曹には油分を入荷させる働きがあるので、皮脂汚れが落ちやすくなります。使用すればするほど、皮脂がスッキリと落ちるという訳です。

2.タンパク質を分解する

重曹にはタンパク質を分解させる働きもあります。この「タンパク質を分解する」という働き、どうして黒ずみ解消に役立つのでしょう。

それは、黒ずみの原因となる物質にあります。毛穴に詰まっているものは皮脂汚れだけではありません。

じつは角栓の大半がタンパク質でできていると言われています。つまり、皮脂だけでなくタンパク質へアプローチすることが黒ずみ対策の第1歩なのです。

重曹を使用してタンパク質を分解し、毛穴をスッキリさせましょう。

毛穴汚れが目立つ黒ずみであれば、重曹で解決することが可能です。

3.皮脂を絡め取る

重曹を使用した洗顔をすると、洗顔後に顔がつっぱるような感じになります。

それだけ顔の皮脂が流されたということです。顔の場合、必要な皮脂を奪いすぎてしまうと、かえって皮脂分泌を促してしまいますので注意が必要ですよね。

しかし、脇に関しては乾燥しやすいパーツではないため、皮脂コントロールのほうが重要になってきます。

特に汗をかきやすいという方は、重曹が持つ力を利用して、余分な皮脂を洗い流してしまいましょう。

皮脂をしっかり洗い流すことで、洗った後のケアに使う化粧水などがグングン肌へ浸透するという嬉しい効果も期待できますよ。

黒ずみ対策には重曹パック!作り方をご紹介♪

黒ずみ対策には重曹パック!作り方をご紹介♪

脇の黒ずみ対策に重曹を使用するのであれば、重曹パックがおすすめです。

自宅で簡単に自作できる重曹パックの作り方をご紹介しましょう。

  1. ぬるま湯50mlへ、重曹50gを混ぜ合わせます。
  2. スプーンでグルグルと混ぜたら完成です。
  3. 液垂れしそうな場合は、重曹の割合を増やしましょう。

重曹パックで黒ずみが消える…!?その使い方とは?

重曹パックで黒ずみが消える…!?その使い方とは?

重曹パックができたら、いよいよ脇に塗っていきましょう。おパックの手順をご紹介します。

  1. 重曹パックを脇に塗り、まんべんなく伸ばします。
  2. そのまま10分ほど放置しましょう。
  3. ぬるま湯でしっかり洗い流します。
  4. 洗った後には、しっかり保湿をおこなってください。

たったこれだけの手順で、脇の黒ずみ対策が出来ます。

重曹パックを続けると次第にワキの黒ずみが薄くなっていきますが、決して即効性があるものではありません。

数ヶ月間、気長に続けましょう。また、重曹パックはやりすぎると逆効果になってしまいますので、週に1~2回ほどの頻度でおこなうようにしてくださいね。

重曹パックをした後は、肌が乾燥しやすい状態になります。

出来れば黒ずみ対策が出来るローションやジェルなどで、しっかり保湿してくださいね。