脇の黒ずみ ユースキン

ユースキンというケアクリームをご存知でしょうか。

ユースキン製薬株式会社が製造・販売している医薬部外品なのですが、どうやらユースキンが脇の黒ずみにも効果があるようで話題になっています。

とは言っても、大型掲示板で噂されているネタなので、信憑性に欠けるというのが正直なところです。

なので、今回は成分解析をしてみました。

脇の黒ずみにユースキンが効くのか、徹底検証します!

ユースキンって、どんな商品?

ユースキンって、どんな商品?

ユースキンは、ユースキン製薬株式会社が製造・販売しているスキンケア商品です。

肌の悩み別に数種類のタイプがあり、用途に応じて使い分けます。

例えば、手やかかとの荒れに悩んでいるのであればオレンジ色の「ユースキンAシリーズ」が、かゆみ・あせもに悩んでいる方は水色の「ユースキンIシリーズ」がオススメです。

乾燥肌・敏感肌の人は緑色の「ユースキンSシリーズ」を使いと良いでしょう。

それぞれのシリーズには保湿クリーム・保湿ローション・ボディソープ・UVミルクなどのラインナップがあります。

ドラッグストアで手軽に購入できるケア商品が、もし脇の黒ずみに効くのであれば嬉しいですよね。

どうやら「脇の黒ずみに効果がある」と噂されているのは「ユースキンSシリーズ」のようです。

乾燥肌・敏感肌の人向けのケア商品「ユースキンSシリーズ」は、本当に効果があるのでしょうか。

脇の黒ずみにも効く!?ユースキンの成分とは!?

脇の黒ずみにも効く!?ユースキンの成分とは!?

それでは、ユースキンSの成分について見ていきましょう。

ユースキンSシリーズに含まれる主な有効成分と、それぞれの効能についてご紹介します。

しその葉エキス

しその葉

ユースキンSのローションやクリームには、潤い成分としてしその葉エキスが配合されています。

カサカサに乾いた肌をしっとりさせる効果が期待できます。

酢酸トコフェロール

ビタミンE

酢酸トコフェロールの別名は「合成ビタミンE」です。

多くの化粧品に配合されており、抗酸化作用で肌荒れの原因となる過酸化脂質の発生を防ぎます。

濃グリセリン

保湿に欠かせない成分といえばグリセリンでしょう。

グリセリンは肌の水分を吸着し、潤いを内部へ閉じ込めます。

肌の乾燥が原因で脇の黒ずみが生じているのであれば、グリセリンでの保湿によって予防できるかもしれません。

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムには、消炎効果や解毒作用、抗アレルギー作用などの効果があります。

炎症を鎮める効果が期待できるため、脇に傷がついてそれが黒ずみになっている方にはオススメの成分です。

ホホバ油

ホホバ油

ホホバ油は、肌の弾力や潤いを保ちます。

植物性オイルの中では、飛び抜けた保湿効果があることから、多くの化粧品に用いられています。

こうして成分解析をしてみますと、多くの有効成分が含まれていることがわかりますね。

乾燥肌によって黒ずみが生じているのであれば、ユースキンSで保湿をしっかりすることによって改善が見込めるかもしれません。

ユースキンは黒ずみ予防に効果あり◎

ユースキンは黒ずみ予防に効果あり◎

ユースキンには有効な保湿成分が配合されていることから、乾燥を防ぐのに効果があると言えるでしょう。

よって、黒ずみの予防は確かに可能かと思います。

しかし、黒ずみそのものを改善する有効成分は含まれていないため、既にできてしまった黒ずみの改善は見込めないかと思われます。

徹底的に黒ずみをなくしたいという方には、脇専用のケア商品がオススメです。

ユースキンより確実な黒ずみケアがしたいという方へ

ユースキンより確実な黒ずみケアがしたいという方へ

ユースキンでも脇の黒ずみ予防は可能です。

しかし、より確実に黒ずみケアをしたいという方には、ランキングサイトの口コミ評価の高い商品「イビサクリーム」がオススメです。

脇だけでなくデリケートゾーンの黒ずみにも効果があるという優れもの♪芸能人御用達のアイテムで、使った日から効果を実感できるのも嬉しいところです。

だいたい2ヶ月ほどで黒ずみが目立たなくなる人が多いようです。

今なら通常価格の30%以上もオフになる、お得なキャンペーンもあります。

是非この機会に、イビサクリームを試してみてくださいね♪