脇の黒ずみ オロナイン

小鼻の角栓を取る、剥がすタイプの毛穴パックをご存知でしょうか?

あれをする前にオロナインを鼻に塗る”オロナインパック”をしたら黒ずみが解消されるという、知る人ぞ知る裏技があります。

それだったら、もしかしたら脇の黒ずみにもオロナインが効くのではないでしょうか。

実際、コスメサイトの掲示板では「手軽に脇の黒ずみ解消をするのにオロナインがオススメ」と書き込んでいる人もいました。

実際に黒ずみ解消の効果はあるのでしょうか。

今回は、オロナインの黒ずみ解消効果について検証してみました。

オロナインって、どんな商品?

オロナインって、どんな商品?

オロナインH軟膏は、大塚製薬が1953年から製造・販売している皮膚用抗菌軟膏剤です。

第2類医薬品に指定され、全国のドラッグストアなどで購入することが出来ます。

あかぎれや擦り傷、火傷やニキビなどの治療薬として用いられます。

昔から家庭に1つあるような、日本人にとって馴染み深い傷薬です。

脇の黒ずみにも効果あり!?オロナインの成分とは?

脇の黒ずみにも効果あり!?オロナインの成分とは?

オロナインに含まれる主要成分は、クロルヘキシジングルコン酸塩です。

また、この成分以外の添加物として、ミツロウやグリセリン、ワセリンなどが挙げられます。

また、オリブ油や自己乳化型ステアリン酸グリセリル、ラウロマクロゴールなども含まれています。

それでは、これらの成分における特徴を1つずつ見ていくことにしましょう。

クロルヘキシジングルコン酸塩

殺菌・抗菌作用が高いため、傷口に入り込んだ菌を殺す役割が期待できます。

ミツロウ

商品を滑らかにして柔らかい感触を与えます。

また、薬剤に含まれる他の油脂や配合成分を均質・分散化して、安定させる効果もあります。

グリセリン

吸湿性が強いという性質を持っています。

その性質から、化粧品や薬において保湿剤として配合されています。

ワセリン

ワセリンも、その保湿効果の高さから、多くの化粧品に配合されています。

副作用も出にくい、優秀な成分だと言われています。

オリブ油

皮膚や粘膜を保護する働きがあり、軟膏などを作るときには多く使用されます。

皮膚・粘膜の保護剤として用いられることが多いです。

自己乳化型ステアリン酸グリセリル

薬剤を乳化、分散し、そして肌へ浸透させる効果が期待できます。

また、自己乳化型ということで、乳化の安定性を高めるために用いられます。

皮膚を柔らかくし、保湿する働きもあります。

ラウロマクロゴール

強い洗浄作用があり、ニキビ治療薬などに多く用いられます。

脇の黒ずみに効果あり?効果が期待できる成分3つ

脇の黒ずみに効果あり?効果が期待できる成分3つ

オロナインに含まれる「グリセリン」「ワセリン」「ステアリン酸グリセリル」という3つの成分が、もしかしたら脇の黒ずみに効果があるかもしれません。

ただし、これらの成分に共通して言えることは、脇の黒ずみそのものへアプローチする成分ではなく、単に肌を軟化したり保湿効果を高めるといったところです。

つまり、黒ずみを解消するというよりも、黒ずみが沈着しにくい肌を作ることが出来るという点で効果を発揮するのでは…といったところではないでしょうか。

脇の黒ずみを解消するには、専用のジェルやクリームでケアをしたほうが即効性があります。

ただし、そのケアクリームなどの働きを促進させるためにオロナインを利用するのは有効かもしれませんね。

もし、ご家庭にオロナインがあるという方は、脇の黒ずみ解消におけるお助けアイテムとして利用してみてはいかがでしょうか。

ですが、オロナインは脇の黒ずみ専門の商品ではないので、ご使用は自己責任でお願いします。

脇の黒ずみ専門のクリームなら、口コミサイトでも話題になっている「アットベリー」「ピューレパール」「イビサクリーム」の3つがオススメです。

いずれも初回限定でお得に購入できるキャンペーンがあるようですので、是非利用してくださいね!